新潟県においては披露宴の来賓祝辞と乾杯の間、もしくは乾杯後に行い、新郎新婦のお母様のご実家(「孫の家」なんて言い方をします)にお願いするのが一般的です。※お母様がご当家に嫁いできた場合
ですが、披露宴でこの「ご挨拶」を行わないケースが増えてきているようです。

これには2つの要因が考えられます。

1つめは、最近は挨拶ではなく「親族の祝辞」とも言われていますが、以前は結婚自体が「家と家との結びつき」でしたので、祝辞というよりも、もらい方は「嫁いで頂いたお礼」、くれ方は「よろしくお願いします」とお互いの親族を代表して披露宴で挨拶を交わしていました。ですが、時代の流れで結婚自体が「当人同士(個と個)のもの」という意識になりましたので、親ではないご親族がお礼を述べる意味が薄れてきていて、頼まれる側も負担になると感じる方が多くなっていると考えられます。

2つめは「披露宴は2時間半前後」が主流ですが、進行や演出は多様化しています。「あれもやりたい」「これもやりたい」と主に新郎新婦で決めていきますので、当然ですが「やらなくてもいいかな」と思うものは削られていくわけです。つまり、優先順位が「なくてはならないもの」から「なくてもいいもの」に変わりました。

これは結婚式に御媒酌人(仲人)を立てる方がほとんどいなくなった構図とよく似ていますね。いずれにしても安易に決めずに親御様や冠婚葬祭に詳しいご親族に聞いてみることをお勧めします。

※当ブログ内コンテンツの著作権は㈲角屋(ザ・ガーデンテラスおゝ乃)に帰属します。引用・転載する場合は引用元として当ブログ名及びURLの表記をお願い致します。また、新潟県三条市及びその周辺の地域性を基準としておりますので、地域により風習や解釈等が異なる場合がありますことをご了承下さい。

 

しあわせ結婚式は新潟、長岡からもアクセス抜群の三条市(燕三条)の結婚式場ザ・ガーデンテラスおゝ乃で!
挙式披露宴・パーティの他、披露宴なしの挙式だけ(小さなウエディング)、写真だけ(フォトウエディング)のプランも充実!おひろめ会、食事会、会費制ウエディング、二次会も承っています。

公式HP

http://www.oono.co.jp/

ウエディングプランナーブログ

https://ameblo.jp/shiawasekekkonshiki-oono/