「(新郎家の心構えとして)結納は必要」です。もっと言うと「花嫁さん側が結納の取り交わしをしたい(してほしい)と思っていれば必要」、つまり新郎側ではなく「花嫁さん側」に決めてもらうことをオススメします。

ですから、ご挨拶や顔合わせ食事会で新郎側から「後日結納の取り交わしをさせて下さい」と打診し、花嫁さん側が「お願いします」とおっしゃるか、「顔合わせの食事会だけで十分です」とおっしゃるかで決まる、と考えると両家の考え方の相違によるトラブル回避につながります。

現代の結婚式は国際結婚や両家間があまりにも遠いなど、よほどの事情がない限りは両家の関係者がともに出席して行われます。しかし、今のように結婚式場がない時代は、新郎新婦+「新郎側の関係者と花嫁の親」で結婚式が行われ、花嫁さん側は結納式に一族が集まるため「結納式が花嫁側の結婚式」といった側面もありました。

その名残もあって、地方では結納は花嫁さん側にとって大事な儀式という意識が残っています。結婚式前に親族がご祝儀を持ってきてくれた時に(新潟では親族が家にご祝儀を持ってくるケースが多いです)、床の間に並べてある結納品を見て「ちゃんとしてくれる家に嫁ぐんだね、安心だね。」なんて会話が交わされます。それだけ結納を大事に思っている家庭もあるということですね!!

※当ブログ内コンテンツの著作権は㈲角屋(ザ・ガーデンテラスおゝ乃)に帰属します。引用・転載する場合は引用元として当ブログ名及びURLの表記をお願い致します。また、新潟県三条市及びその周辺の地域性を基準としておりますので、地域により風習や解釈等が異なる場合がありますことをご了承下さい。

 

 

しあわせ結婚式は新潟、長岡からもアクセス抜群の三条市(燕三条)の結婚式場ザ・ガーデンテラスおゝ乃で!
挙式披露宴・パーティの他、披露宴なしの挙式だけ(小さなウエディング)、写真だけ(フォトウエディング)のプランも充実!おひろめ会、食事会、会費制ウエディング、二次会も承っています。

公式HP

http://www.oono.co.jp/

ウエディングプランナーブログ

https://ameblo.jp/shiawasekekkonshiki-oono/