服装

女性編

  • 白一色のドレスは避けましょう。白は「花嫁の色」ですから、花嫁さんより目立たないようにしましょう。また、黒は「喪の色」。だからといって黒がダメなわけではなく、光沢やラメ入りなど、素材が華やかなものを選びましょう。ノースリーブなどのドレスの場合は、ストールやボレロなどを着用して、あまり露出しすぎないようにするのが良いでしょう。
    • ボレロなどの素材で、ファーは結婚式にはダメ?という意見がありますが、実際の所どうでしょう。ファーや皮のように「殺生」を想像させるものは、葬儀など仏事ではNGですが、最近結婚式では問題ないみたいです。
  • 既婚女性は「黒留袖」もしくは「五つ紋入り色留袖」未婚女性は「振袖」が正礼装です。 既婚女性でも若い人は「色留袖」が会場は華やかになってオススメ。五つ紋が入っていれば、黒留袖と同格の正礼装です。

男性編

  • 冠婚葬祭用に作られた黒のスーツ。ブラックスーツとも呼ばれているものが一般的。 無地の濃紺、ダークグレーなどのスーツはある程度かしこまった席に対応できます。
    主賓クラスでの出席であれば、昼間はディレクターズスーツ、夜はタキシードといった準礼装が良いでしょう。
  • スーツのインナーとして欠かせない物がシャツ。白のシャツであれば無難ですが、パーティースタイルによってはカラーシャツで雰囲気を変えても素敵です。
  • 胸元を飾るネクタイは、一般的に白かシルバーグレーが正装。 白と黒のストライプは昼の正装、モーニングコートと合わせられているネクタイです。ブラックスーツに合わせるとよりフォーマルに。ダークスーツにもどうぞ。
    いくら柄が入ったネクタイでも、黒ベースのものは避けましょう。

小物

女性編

  • バッグは小ぶりの物がスマートです。持ち手のないクラッチバッグやサテンやレース使いのバッグなどが一般的。
    バッグの中身は必要最低限にしましょう。パンパンなバッグはみっともないですよ!他に手荷物がある場合は、必ずクロークへ預けましょう。
    また、ヘビやワニ革など、爬虫類ものは避けましょう。
  • アクセサリーですが、昼間の結婚式ではキラキラ光る物ではなく、布製のコサージュやパールなど、シックに装えるものを選びましょう。 但し、ブラックパールな黒い装飾品は、おめでたい席ではつけないようにしましょう。 逆に夜の結婚式であればゴールドやダイヤモンドなどの宝石類で華やかに装うのが良いでしょう。

男性編

  • ポケットチーフ
    • スーツの胸元にあるポケットにチーフを挿して、ワンポイントのオシャレを楽しみましょう。素材は麻、絹が主流で、色は白が正礼装、次いでシルバーグレーの順。
  • カフリンクス(カフスボタン)
    • 手を伸ばした時、ジャケットの袖口からちょっとのぞくカフリンクスは、男性にオススメのアイテムです。プラスチック製・チェーン式・紐式のもの以外を付けましょう!

女性編

オシャレは足物からと言われるように、ココが押さえどころ!

  • フォーマルではヒールは3cm以上の高さがあるものを選びましょう。細いヒールの方がスマートな印象になります。
  • 色は服装や小物に合わせたものを選ぶことができ、ブラックフォーマルではNGの踵をだすデザインも履いていられます。ただしミュールの場合は歩くとパタパタ音がするのでストラップ付の物にしましょう。
  • ブーツはロングであれショートであれ、フォーマルな場では避けましょう。 アニマル柄やスニーカーなども同様、会場へ来たら履き替えましょう。
  • ゴム素材のものは避け、革製のものを選びましょう。エナメル製だとパーティーらしさもUP!

男性編

  • 足元は黒の革靴なら間違いない、と思いがちですが、実は紐靴がフォーマルと言われています。だからと言って、紐靴なら何でもいいというわけでもありません。正礼装に合わせるオペラパンプスのように、エナメル加工の革靴だとより一層華やかになります。靴底はゴムではなく革のものを選ぶか、外から見てゴムに見えないものを選びましょう。
ストレートチップ プレーントゥ ウィングチップ
つま先の切り替えが一文字になったシューズ。ドレッシーで最もフォーマル向き。切り替え部分にメダリオンと呼ばれる穴が無いものほど、フォーマル度が高くなります。 靴の基本形。つま先に飾りの無いシンプルなシューズ。ストレートチップの次にフォーマルと言われています。 つま先の切り替えが翼のようなW型になっているシューズ。 ダークスーツなどに合わせてもOKですが、フォーマル感が薄れるので、注意。

髪型

  • 結婚式に出席するときの髪型には、これといった決まり事はありません。ただ、ほとんどの結婚式で食事をする機会がありますから、清潔でよく手入れをした髪型で出席するのがマナー。
  • 自分でセットする場合は、ウェーブならウェーブ、ストレートならストレートできっちり決める事も大切。また、外巻きは崩れやすいので内巻きの方がオススメです。 最近は無理に上げてしまわず、ハーフアップやサイドに流すスタイルも増えてきています。顔に髪の毛がかかって清潔感が損なわれないようにしましょう。
  • 男性は、清潔に整えてあれば、普段通りの髪型で良いでしょう。
    ただ最も困るのは、「男性の長髪」ではないでしょうか。 男性が髪を結ったり、上げたりすると、場合によってはふざけた感じに見えてしまうおそれがあります。髪を切ってしまうと、伸びるまで相当な時間がかかりますから抵抗を感じる人も多い事でしょう。思い切ってショートにする事も選択肢の一つに入れておくと、イメチェンにも良いかもしれません。
  • 結婚式には、新郎新婦のご両親や親族をはじめ、さまざまな年代、立場の方が出席しています。新郎新婦の友人として結婚式に出席するのなら、友人のマナーはそのまま新郎新婦のイメージにつながります。ですから、度が過ぎたヘアカラーやヘアスタイルは、控えましょう。