結婚式にご招待される際、最初に手にするのが招待状です。

事前に連絡はいただいているとはいえ、招待状が届くと、期待がより膨らむようです。

招待状をいただいたら、お返事をお返ししますが、返信はがきはただ出席か欠席かに ○を付けてお返しするだけでよいのでしょうか?

ここでも少しマナーが有りますのでご紹介します。

できるだけ早めに返信しましょう

遅くても指定された期日までには返信しましょう。

ゲストの出欠が早くわかると、ご当家の方々も安心ですし、引出物や席順などの準備も 早めに取り掛かることができます。

ちなみに、結婚式場としては一週間前までの変更を受付ていますので、最初は出席予定でもお仕事の都合などで出席できなくなったらご当家にご連絡いただければ大丈夫ですので、まずは招待状が届いた時点での判断でOKです。

お祝のメッセージを添えましょう

お招きいただいた感謝の気持ちや、結婚に対するお祝を書き添えて返信しましょう。

どうしても出席できない場合は、その理由を具体的に書き添えましょう。

ちなみに、結婚式の招待状の文面もそうですが、「、」や「。」といった句読点は使われない事が一般的です。 これは「お祝事に終止符を打たない」と言う意味が有りますので、返信に添える文章にも、句読点は不要でOKです。

濃い黒で書きましょう

筆記用具は基本的には毛筆か黒の万年筆を使いましょう。

薄墨やグレーのインクはお祝には向いていないので気をつけましょう。濃い黒であればボールペンでもOKです。

返信はがきの書き方

それでは、実際書き方をご覧ください。

まずは宛名面の書き方からです。

返信はがきの宛名面の中央に書かれている宛名「○○○○ 行」の「行」の文字を、二重線か斜線で消します。

そして消した「行」を「様」に直します。

宛名面に続いては、出欠確認側の面です。

出席する場合

結婚式に出席する場合は、「出席」の文字を丸で囲みます。

そして、受取った人(あなた)への敬語である「御出席」の「御」、「ご出席」の「ご」は、二重線か斜線で消しましょう。

そして、「御欠席」「ご欠席」を二重線で消します。

「御住所」「ご住所」の「御」「ご」や、「御芳名」「ご芳名」の「御芳」「ご芳」も敬語ですので、二重線、斜線で消しましょう。

敬語関連は消し忘れのないように注意しましょう。

余白には、お祝いのメッセージを添えましょう。

欠席する場合

次に欠席の場合ですが、「欠席」の文字を丸で囲みます。

そして、受取った人(あなた)への敬語である「御欠席」の「御」、「ご欠席」の「ご」は、二重線か斜線で消しましょう。

そして、「御出席」「ご出席」を二重線で消します。

「御住所」「ご住所」の「御」「ご」や、「御芳名」「ご芳名」の「御芳」「ご芳」も敬語ですので消しましょう。

敬語関連の消し忘れのないように注意してください。

欠席の場合、余白には欠席理由を書き添えます。残念ながら出席できないという気持ちを、お祝いの言葉とともに書きましょう。