披露宴での余興の定番は20年前はカラオケでした。

スナックなどにカラオケの機械が入り始め、マイクを 手にする事が自然になってきたころです。

それがカラオケBOXの進出により昼夜かまわず一般の方でも歌える環境が整ったころから カラオケが定番では無くなり、マツケンサンバやAKB48、EXILEなどのご友人によるパフォーマンスになり、最近では映像を使ったものが多くなってきました。

そんな中で皆様が余興を頼まれたらどんなことに気をつかわれますか?

余興お願いされたら、お二人を祝福したい気持ちを返事に表わし「引き受けるよ!」と即答しましょう。

(何をするか悩むのはそのあとで・・・。悩む内容の中に気遣いもあると思います。)

全体への気遣い

  • 内容が多くなって時間が長くなりすぎないように。(5分位を目安に)
  • 誰もがわかる内容で。
  • 下品になりすぎない事。

お二人への気遣い

  • 幸せになって欲しと心を込めて行うことの一点。

事前に確認しておくこと

  • 他の余興との兼ね合いもあるので内容と時間は式場側と確認しておきましょう。
  • DVD等を上映する場合式場側に動作確認をしてもらう。
  • 団体で行う場合マイクの本数やスペースの広さ、出入り口の確認。
  • BGM・カラオケ等 音響を使用する場合式場側に楽曲が有るかの確認(なければ持込み可能か確認しておきましょう)。
  • 着替えが必要な場合や、小道具を使う場合など式場側と相談しておきましょう。

余興を頼まれることは、お二人があなたを頼りにしている証拠です。

頼まれたら恥ずかしがらず、快く引き受け 一生懸命さが伝われば楽しんでもらえたり、感動してもらえるものだと思います。

短い時間とは思いますが自分らしく目いっぱいはじけてください。