新潟県は南北に長く地域によって風習がかなり違います。引出物は県央(燕三条)エリアから北は「1人1セット」、長岡エリアから南は「夫婦(家族)で1セット」が一般的のようです。燕三条・長岡に挟まれている見附エリアは両方の風習が混在しています。

ですので、両家がともに三条、あるいは長岡であれば同じ風習なので気にもならないかもしれませんが、例えば三条と長岡の両家だったりすると、風習に沿えば一方はご夫婦がともに引出物を持ち帰るけれど、もう一方はご主人だけ、ということが起こります。

列席者様も人間ですから、お帰りの際にそれを見て「もしかして式場がウチの分1セット手配するの忘れた…?」と思う方もいるかもしれません。実際に結婚式翌日に「相手方は1人1セットでしたけど…」とお問い合わせを頂くこともあります(もちろん事情を説明すれば納得されます)。

そうならないための対処ですが、まず万が一にも「引出物をケチった」と思われてはいけませんので、長岡側に合わせて「夫婦で1セットにする」のはオススメしません。その上で、
①三条側に合わせて両家ともに(中身を変えて)1人1セット用意する
②三条側は夫婦ともに1セット、長岡側のご主人は1セット、奥様は引出物と引菓子をつけて夫婦ともに何かしら持ち帰ってもらうのいずれかをオススメしています。後者の場合、引出物袋の中身までは見えませんので…(それでも「主人の方には○○がありましたが、私の方は入ってなかったのですが…」とお問い合わせがくることもあります)。

ちなみに新潟県外の方には驚かれますが、新潟の引出物の中身は最大6点(引出物・盛籠・引菓子・松の葉・赤飯・紅白餅)!プチギフトもあれば7点!「いーっぺあっておもてすけ、もたんねて(沢山あって重たくて持てないよ)」というのが良しとされているんですねOK

なお、赤飯も地域性があります。次回「番外編」として書きたいと思いますキラキラ

※当ブログ内コンテンツの著作権は㈲角屋(ザ・ガーデンテラスおゝ乃)に帰属します。引用・転載する場合は引用元として当ブログ名及びURLの表記をお願い致します。
また、新潟県三条市及びその周辺の地域性を基準としておりますので、地域により風習や解釈等が異なる場合がありますことをご了承下さい。

 

しあわせ結婚式は新潟、長岡からもアクセス抜群の三条市(燕三条)の結婚式場ザ・ガーデンテラスおゝ乃で!
挙式披露宴・パーティの他、披露宴なしの挙式だけ(小さなウエディング)、写真だけ(フォトウエディング)のプランも充実!おひろめ会、食事会、会費制ウエディング、二次会も承っています。

公式HP
http://www.oono.co.jp/

ウエディングプランナーブログ
https://ameblo.jp/shiawasekekkonshiki-oono/